ビジネス名刺のデザイン・印刷なら名刺職工所 【下請歓迎】

名刺デザインや戦略的名刺づくりについてのおすすめ本(書籍)を紹介(不定期更新中)

名刺の本

『名刺』はビジネスに関わる人間なら誰でも持っていますよね。

最近では学生さんでも自分の『名刺』を持ち合わせているそうです。ソーシャルメディアが普及し名刺文化が急激に廃れるのではと思っていましたが、まだまだそんな感じでもないようです。

ここでは、そんな『名刺』に関するデザインや戦略的なことが書かれたおすすめの本(書籍)を紹介しているので、ぜひ読んでみてくださいね。

1秒で10倍稼ぐありえない名刺の作り方

「これが稼ぐ名刺だ!この名刺なら、1秒でつかみはOK!」

名刺は、ビジネスシーンにおいて、最もポピュラーなアイテムのひとつです。
しかし、日常的なアイテムであるが故に、多くの方がその重要性に気づいていません。
本書では、名刺を開封率100%を誇るダイレクトメールにたとえ、営業における重要性と効果の高さを強調します。
その上で、「初対面の相手とすばやくコミュニケーションを深め」「名刺に目的を課し、渡した後も確実に目的を果たさせる」ための名刺の作り方、使い方をわかりやすく解説しています。
名刺交換の場面、初めての営業先、留守宅での置き名刺など、どんな場面でも名刺本来の目的である「ビジネス現場での活用」に繋がるヒントが満載です。

24人に1人 渡すだけで仕事が取れる「絶対受注名刺」

どん底の男を救った名刺があなたの人生を180度変える

「名刺交換だけで仕事が取れると、ストレスのない世の中になり、日本が元気になる」と語る著者が、自らの経験を元に導き出した「仕事が取れる名刺の作り方」を公開した。
豊富な事例、ワークシートを随所に取り入れ、読みやすい内容になっている。
名刺を営業ツールとしてしっかり活用したい方は、安心してこの本に書かれている通りに、仕事が取れる名刺作りをしてほしい。
中小企業経営者・士業・コンサルタントを始めとする、自分自身が広告であり、ブランディングをしなければいけないビジネスマン必見の一冊。

時間と場所を選ばない パラレルキャリアを始めよう!

「2枚目の名刺」があなたの可能性を広げる

P・F・ドラッカーが『明日を支配するもの』で予言したパラレルキャリアが、いま、日本で急激な勢いで広がっています。パラレルキャリアとは、会社勤めなどの本業をしっかりと持ちながら、社会活動を行なう新しい生き方であり、仕組みです。
社外のさまざまな人たちとチームを組み、ふだん経験できない活動を通し、課題解決力、発想力、リーダーシップが身につくとして注目を集めています。
企業もまた、パラレルキャリアの人材育成効果に注目し、研修の一環として活用しはじめています。
パラレルキャリアは特別な人のものではありません。誰でもすぐに始められます。本業以外の活動は、せいぜい週に5時間から10時間程度。さらに場所の拘束性も少なく、柔軟な対応が可能です。というのも、最近の社会活動はSNSやスカイプ、メールなどを活用して行なうことが一般的。つまりスキマ時間に、自宅でも会社でもカフェでも、場所を選ばずに活動することができるのです。
若い世代でもシニアでも、思い立てばすぐ始めることができるし、自分の都合でやめることもできます。始めるにあたって、早すぎることも遅すぎることもありません。実際にパラレルキャリアを行なっている多くの団体、個人の実例を紹介し、パラレルキャリアの具体的な始め方を詳しく解説します。

入稿データのつくりかた

「入稿データ」の困った! に答えるデータづくりの解説書です。

従来のプロレベルの印刷以外にも、簡易印刷やネット印刷など簡便な選択肢が増えた昨今、
同人誌や個人レベルでもさまざまな印刷物を制作できるようになってきました。
逆にレトロな活版や特殊印刷・加工も人気が上がってきています。
しかし選択肢が増えたぶん、印刷の現場での行き違いや混乱が増えてきてもいます。
本書では、複雑化した印刷の現場を見渡し、できるだけわかりやすく
安全な入稿データが作れるように、さまざまな疑問や解決方法を紹介しています。
印刷所のマニュアルが読み解けない、
いつも思い通りのデータが作れないというアナタにおすすめの一冊です!

けっきょく、よはく。 余白を活かしたデザインレイアウトの本

脱・余白恐怖症

余白とは「何もない空白の部分」のことです。
一般的には「白い部分」を指しますが、レイアウトデザインの場合は
「文字や装飾などが入っていない部分」を余白と捉えることができます。
ある程度レイアウトが組めるようになり、デザインを始めたばかりのころは
余白があるとついつい何かを足したくなってしまいます。
いわゆる「余白恐怖症」です。
余白を埋めるために文字を大きくしたり、枠の中でぎゅうぎゅうに情報を詰め込んだり。
しかし、それでは読みやすく整理され、洗練されたレイアウトにはなりません。
より伝えたいことをより伝えるために余白を作ることを意識すると、あなたのデザインはぐっとオシャレに進化するでしょう。

小さな会社&お店の Canva超入門

会社やお店の販促ツールを、無料であっという間に作れます!

会社や店舗などを運営していると、必ず必要になるのが、販促ツール。
名刺やショップカード、チラシといった紙媒体や、広告用バナー画像、SNS告知用画像といったWeb媒体も。
Canvaは、これらのデザインを外注しないで自分で作りたい! という方のための、無料サービスです。
本書では、Canvaを使って販促ツールを作る方法をわかりやすく解説。
デザインのポイントや便利なテクニックも紹介します。
Canvaを使って、プロ級のデザインが完成する1冊です!

タイトルとURLをコピーしました