海外での名刺の活用法は日本とは違うのでしょうか? 「急な海外出張で名刺交換が不安・・・」といった悩みを抱えている方もいらっしゃるかもしれません。そんな、海外での名刺活用法と、世界の名刺事情についてまとめてみました。

日本の名刺サイズと海外の名刺サイズの違い

日本の名刺と海外の名刺では、標準サイズと言われているサイズに若干の違いがあります。
日本では91×55mmが標準サイズと言われていますが、アメリカでは89×51mmが標準サイズとなっています。また、イギリスでは、日本の名刺の約半分が標準サイズとなっています。

 

 

海外で名刺交換するタイミングは日本と違う

アメリカなどは日本と違い、誰でも名刺交換するという感じではありません
挨拶や会話などをして、キーとなりそうな人に名刺を渡すというのが主流です。

 

アメリカなどもビジネス上で使用する点は日本と変わりませんが、中国では、貿易などの対外的な仕事をしている人を中心に使用しているという感じになり、イギリスでは、ビジネスというよりもパーティーなどで名刺が使用されることが多くなっています。

 

 

 

 

海外で使う名刺に記載すべきこと

海外で名刺を活用する際に、記載しておきたい情報がSNSのアドレスです。
FacebookやLinkedIn、Twitterなど様々なSNSがありますが、外国人と連絡先を交換する際には、特にSNSが効果があります。

 

名刺にE-mailアドレスや電話番号を記載していても、名刺を相手が無くしてしまったら終わりですが、SNSでは一度繋がってしまえば、連絡先がわからなくなるということがありません。

 

また、ビジネスや人脈を広げたいと思っている人は、高い確率でSNSを利用しています。
E-mailの交換などは面倒なのか、SNS上でのメッセージ交換を好む方が圧倒的に多いのが事実です。

そのため、海外で名刺を活用するなら、必ずSNSのアドレスを記載するようにしましょう。
LINEやWhatsAppよりも直接的でないため、SNSの方が好まれる傾向にあります。

 

 

海外で人脈を広げよう!

これら、海外でも名刺を活用すれば、人脈を広げたり、仕事の幅を広げるといったチャンスに繋がります。もともと、名刺は中国が発端と言われていて、欧米でも使用され、日本も使用するようになったという流れがあります。そのため、基本的には、欧米でも中国でも名刺は使用されています。
名刺を作成する際には、是非、グローバルに使用できる名刺作りを意識するようにしてみて下さい。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
名刺は、日本の中だけで使用されているものではありません。
海外での名刺の活用法などを習得し、グローバルに通用する名刺ライフを送ってみて下さい。

 

この記事についているタグ

  • 名刺のウンチク
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 名刺の本
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
PAGE TOP