「仕事上で初めて会った人がいたら、まず名刺交換」というのが、ビジネスマンの定番です。

新入社員の時などは、名刺交換で目上の人と挨拶することも多いですよね。まずは、名刺交換のマナーをしっかりと憶えておくことがとても大切です。

名刺の渡し方や、受け取った後の名刺はどこに置く?何人かと同時に名刺交換したときの名刺の扱い方など、基本的な名刺交換マナーについても分かりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

配る枚数も多いけれど、もらう枚数も多い名刺。

「仕事で名刺を受け取っているうちに、整理が間に合わず、引き出しの中にどんどん溜まってしまった…」なんてこともよくある出来事です。
そうなる前に、使いやすくしまっておきたいですよね。ここでは、名刺の整理術についての記事も紹介しています。

 

「自分で名刺を作りたい」とか「名刺で目立ちたい!記憶に残したい」という人も必見です。

 

ビジネスを行なう上で欠かせないのが、マナーとなります。

 

挨拶の基本として、名刺交換は当たり前のように行なっていますが、名刺交換後の名刺はどう扱えば良いのでしょうか。名刺交換後の名刺の扱い方についてご紹介します。

 

名刺の受け取り方・渡し方

名刺の渡し方や受け取り方には、いくつかのマナーがあります。

名刺を交換した後でも名刺の扱い方にはマナーがあります。ここでは、名刺の交換が終わった後の名刺の扱い方を中心にご紹介します。

 

まず、名刺交換が終わったら、テーブルの上に受け取った名刺を置きます。
この時、椅子に座った後にテーブルの上に乗せるようにしましょう。

 

 

 

 

名刺を置く場所は、テーブルの左上が基本となります。

面談相手が一人の場合は、名刺入れの上に乗せます。名刺を持っているときは、会社名や会社のロゴ、名前の上などに指がかからないように持ち方などにも注意してください。

 

面談相手が複数人の場合は、名刺入れに2枚同時に乗せたりせずに、名刺入れを右下に置くようにしましょう。

 

座席の位置順に名刺を並べるか、左から役職の高い人の順に並べてテーブル上に置きます。

この際、注意しておきたいマナーとして、誰か一人だけ名刺入れの上に乗せるなどといったことはしないようにしましょう。マナー違反となる可能性もあります。

 

 

名刺交換する順番

名刺を交換する順番も、役職の高い方から順番に行なうようにしてください。
最後に、面談が終わり、名刺を名刺入れなどに入れる際は「失礼します。」とひとこと言ってから入れるようにすると丁寧な印象を受けてもらえます。

 

名刺交換の場を去った後は、メールでお礼をすることも大切です。
これからの人脈作りとしても相手に印象付けてもらうには、お礼メールが欠かせません。

電話などよりも、相手のタイミングで読んでいただけるのでメールがおすすめです。

 

 

 

 

「本日はありがとうございました。」とか、
「先日はお世話になりました。」など、簡潔で丁寧な挨拶のようなお礼メールを送るようにしましょう。

 

ビジネスの上では、「誠実だな」と思っていただくことが重要です。
翌日までくらいには、お礼メールをするようにしましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
名刺交換後の名刺の扱い方についてまとめてみました。
名刺交換直後は相手の目もあるため、失礼のないよう扱うようにしましょう。

 

名刺は相手の分身のような大切なものでもあるので、粗末に扱ったりして、マナーの悪い人間だと判断されないように注意してください。

 

 

この記事についているタグ

  • 名刺のウンチク
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 名刺のウンチク
  • 名刺の本
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
PAGE TOP