名刺の用紙はどういったものがおすすめなのでしょうか。名刺の用紙のおすすめ素材や種類などについてまとめています。

名刺の厚み素材の選び方

名刺を作るときには、用紙のサイズ、厚さ、種類といったものを考慮する必要があります。
素材はもちろん、見映えや触り心地などこだわって作りたいという方も増えつつあります。

 

しかし、名刺の用紙とひとことに言っても様々な種類のものがあります。
その用紙の中でも、名刺の定番と言われているのは、はがきよりも厚みのある220kgのものとなっています。それよりも薄くても、180kg位の厚さがあれば名刺としては充分だとも言われています。

定番の名刺用紙を使用しておけば外れはありませんが、紙質や厚さをこだわることで個性的な名刺を作ることも可能です。

(※名刺の厚さの単位にはkgを用います)

 

 

おすすめの名刺の用紙

印刷用紙の種類には大きく分けて、コート紙(光沢あり)やマットコート紙(光沢なし)、上質紙といった種類のものがあります。

また、細かく紙の種類を分類すると、コート紙、マット紙、上質紙、アートポスト、マットポスト、ケント紙、ヴァンヌーボ、ハイマッキンレーアート、ハイマッキンレーポスト、エスプリコートSS、ユポ紙、クラフト紙などの種類があります。

 

名刺の紙質は、上質紙かマット系を使うと高級感が出ます。光沢のあるコート系のものは華やかに見えますが、安っぽくなってしまうこともあるので気をつけると良いかもしれません。
名刺用紙としておすすめのものは、再生紙や光沢紙などがあります。再生紙は、手触りや使い勝手の良さが理由となっています。光沢紙は、つや感のある紙質が人気になっています。

 

また、マットコート紙やクラフト紙といったものもおすすめです。
名刺の用紙にもそれぞれの特徴があるので、自分の名刺デザインに合った紙質のものを選ぶようにしましょう。上質紙やマット系のものなどが人気になっています。

 

 

 

名刺の目的に合わせて用紙を選らぶ

目的に合わせて、使い分けるという方法もあります。
例えば、大量に名刺を作りたい時には上質紙を選んだり、名刺に写真を入れたい時には光沢紙を選ぶといった方法がおすすめです。
名刺の用紙は、印刷屋などで販売されているリーズナブルなものから、老舗のブランドものなどもあります。目的と特徴に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
名刺の用紙のおすすめのものや種類についてご紹介致しました。

名刺の用紙にも非常にたくさんの種類があります。使用する用紙の紙質や厚みによって、名刺の印象も随分、変わってきます。
ご自分の好みや名刺デザインに合わせて、用紙の種類や厚さなどを決めてみてはいかがでしょうか。

この記事についているタグ

1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 名刺のウンチク
  • 名刺の本
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
PAGE TOP