「仕事上で初めて会った人がいたら、まず名刺交換」というのが、ビジネスマンの定番です。

新入社員の時などは、名刺交換で目上の人と挨拶することも多いですよね。まずは、名刺交換のマナーをしっかりと憶えておくことがとても大切です。

名刺の渡し方や、受け取った後の名刺はどこに置く?何人かと同時に名刺交換したときの名刺の扱い方など、基本的な名刺交換マナーについても分かりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

配る枚数も多いけれど、もらう枚数も多い名刺。

「仕事で名刺を受け取っているうちに、整理が間に合わず、引き出しの中にどんどん溜まってしまった…」なんてこともよくある出来事です。
そうなる前に、使いやすくしまっておきたいですよね。ここでは、名刺の整理術についての記事も紹介しています。

 

「自分で名刺を作りたい」とか「名刺で目立ちたい!記憶に残したい」という人も必見です。

 

毎日のように人に会っていると溜まってしまうのが名刺なのではないでしょうか。

 

「もらった名刺をどうすれば良いかわからない・・・」とか、「邪魔になってしょうがない・・・」といった悩みもよく耳にします。

そんな、もらった名刺を管理する良い方法についてご紹介致します。

 

 

名刺ホルダーを使用する

山のようにある名刺も回転式でめくれるようになっているものを使用すると、名刺を探す際にも楽々。

また、スペースをとらないため、デスクの上にあっても邪魔になりません。

 

リフィル式になっているものなどがおすすめで、データ化するのが面倒という方にも簡単に利用できます。

無印良品の名刺ホルダーなどが人気になっています。

 

 

名刺管理アプリを使用する

名刺情報をデータ化してしまうことで、紙の名刺を失くしても困りません。

 

スマホなどにデータが入っていることで、出先でも参照することができるため、営業先などでも活躍します。

ビジネスシーンでの名刺管理におすすめの方法です。

 

また、実物が存在しないので、最もスペースを使わない方法でもあります。

 

 

名刺スキャナーを利用する

パソコンに名刺のデータを簡単にインプットできる名刺スキャナーというものがあります。

 

挿入口に名刺を差し込むだけで、自動データ化が高速にできてしまいます。

他の方法と比べても、データ化が楽で早くできるといったメリットがあります。

 

パソコンで名刺を管理できるため、スキャン後に名刺を失くしてしまった場合などにも安心です。サンワダイレクトの製品などが有名です。

 

 

 

 

デジタル名刺ホルダーを使用する

カメラで写真を撮るだけなので、データ化するのも非常に簡単です。

 

デジカメ写真などに写真を撮って持ち歩くといったイメージに近い管理方法です。
スマホなどと同じく小さく持ち歩けるため、外出先でも活用できる名刺管理方法となります。

 

ただ、データ化する際に、若干面倒と感じる方もいらっしゃるようです。キングジムというメーカーから幾つかの製品が販売されています。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
もらった名刺を管理する際に良い方法について幾つかご紹介致しました。

 

名刺は毎日の仕事の中で、もらった名刺をそのままにしていると、どんどん溜まってきてしまいます。
また、必要な時にどこかに失くしてしまって見当たらないという状況も頻繁にあります。

 

そういう状況を避けるためにも、名刺をデータ化した

この記事についているタグ

  • 名刺のウンチク
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 名刺の本
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
PAGE TOP