名刺の始まりはどういったものなのでしょうか。 今では当たり前のように毎日使用している名刺ですが、「始まりや歴史を知りたい!」という方も少なくないと思います。そんな方へ、名刺の歴史についてまとめてみました。  

名刺の始まりの時代

名刺の始まりは、中国だと言われています。後漢の時代や唐の時代から使用されてきました。
前漢朝の初代皇帝である漢の国の高祖「劉邦(りゅうほう)」が最初だという説もあります。劉邦が、木や竹にメッセージを彫りいれ、取り次ぎを頼んだのが始まりだとも言われています。

 

 

名刺の起源

紙の無い時代には、竹を割って名刺を作っていました。
この竹のことを「刺」と言うことから、名刺の「刺」という呼ばれ方になったと言われています。
名刺の起源については、様々な説があります。

 

 

名刺の発祥から広がり

諸説ありますが、一般的なものとしては中国を発祥とする説となっています。
その後、ヨーロッパへ伝わり、日本へと広がったという流れになります。
ヨーロッパで名刺が使用されたのは、16世紀頃のドイツが最初だと言われています。

 

また、アメリカでは、18世紀頃から富裕層のビジネスマンを中心に普及してきたと言われています。
日本で名刺が使われ始めたのが、江戸時代となります。

 

 

 

 

名刺の使われ方の歴史

最初は、現在のような名刺交換の方法ではなく、訪問を知らせるために利用されていたそうです。
中国で名刺が使われていた時期とは、1,000年以上経ってから使用され始めたということになります。

 

また、日本では幕末の頃から現在の名刺に近い印刷されたものが使用されてきました。
それ以前は、和紙に墨で名前だけを手書きして使用していたと言われています。
幕府が海外に使節を遣わす際に、使節団で随行した軍艦奉行である木村摂津守が、渡米時に新聞社を訪問し印刷した名刺をプレゼントされたことが、日本史上に印刷された名刺が登場した最初だと言われています。

 

明治以降にはさらに盛んに使用されるようになり、現在に至っているという状況です。
名刺といっても現在のように、標準と言われる91mm×55mmのサイズの紙の名刺ではなく、中国でも日本でも様々な形をとって利用されてきました。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
名刺の始まりなど、名刺の歴史についてご紹介いたしました。

現在では、世界的に見ても日本は名刺をよく使用すると言われています。
ビジネスにおいても、プライベートにおいても自分を相手に紹介する際に欠かせない名刺は、現代では必須のアイテムと言えるのではないでしょうか。

この記事についているタグ

  • 名刺のウンチク
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 名刺の本
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
PAGE TOP