普段、当たり前のように行なっている名刺交換ですが、海外出張の時には英語で行なわなければいけません。

 

また、日本で行なう時とは少し勝手が違うかもしれません。

そんな、海外出張の時の英語で名刺交換する作法についてまとめてみました。

 

 

英語で初対面の挨拶をする方法

海外出張の時に外国人と挨拶するときには、まず、握手と共に挨拶と自己紹介などをすることになります。

 

日本のように、いきなり名刺交換するというよりは、まずは挨拶と簡単な自己紹介などの英会話が先となります。そこで、欠かせないのが最低限の英語力となります。

 

海外出張の最初の挨拶で、必要な英語についてご紹介致します。

 

当然ですが、最初に名前を名乗ることになります。
My name is ~
(私の名前は~と申します。)

 

その後、会社名や勤めている年数などを紹介しましょう。
I’m working for ~company
(~会社で働いています。)

 

I’ve been working for this company for ~years.
(この会社で~年間働いています。)
といった表現があります。

 

 

 

英語で名刺交換する方法

Here is my business card.
(これが私の名刺です。)

 

と言って名刺を渡すようにしましょう。

海外では名刺の紙質などが重視されることもあるので、素材や紙質にこだわった名刺を用意しておいても良いかもしれません。

 

相手から名刺を受け取ったら、相手の名前の発音やアクセントなどを確認しておくようにしましょう。

 

渡航前にちょっとした国の事情などを調べておき、小話をすると、相手は「この国に興味があるな」とか、「しっかり勉強しているな」と好感を持って頂けます。

 

難しいことではなく、ちょっとした雑談程度で構いませんので、相手の国に触れるような話を前もって考えておくことも大切です。(天気のことでも構いません。)

 

当然ですが、ちょっとした雑談ができるくらいの英語力をつけておく必要があります。

 

英語で名刺交換する時の作法として、ちょっとした会話をしたから名刺を差し出すといったことがマナーとなります。その点を覚えておけば、海外出張も怖くないのではないでしょうか。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
海外出張の際などに英語で名刺交換する作法についてまとめてみました。

 

海外では、名刺交換というよりも自己紹介を含めた挨拶をするという形式になります。

あまり堅くなり過ぎないよう、リラックスしてちょっとした雑談程度のことができるようにしておきましょう。

 

 

この記事についているタグ

  • 名刺のウンチク
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • 名刺のウンチク
  • 名刺の本
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
  • 名刺のウンチク
PAGE TOP